Trustalk (トラストーク)

プライバシーに配慮した通話を、あなたのサービスに。様々な機能をAPI / SDKで提供します。

お互いの電話番号が知られることがない通話を実現

Trustalkの提供する機能

※一部実装予定の機能も含まれます

プライバシーに配慮した通話を
かんたんに実装するためのAPI

Trustalk番号と電話番号のひもづけ、時間指定やグループ通話の設定、通話内容の録音と再生、利用状況のログの取得など、プライバシーに配慮した通話に必要な機能をAPIで実装。

APIリファレンスをみる

さまざまな言語や環境に向けたSDK

PHP、Ruby、JavaScriptでのSDKを提供。お好きなようにカスタマイズして、あなたのサービスをよりよくしてください。

SDKリファレンスをみる

実績と安心の回線

TrustalkはKDDI ウェブコミュニケーションズ社が提供する「Twilio」の回線を利用しています。

導入 / 導入予定企業

Trustalkの使い方

電話番号同士をひもづける

「050」から始まるTrustalk番号に、2つの電話番号をひもづけます。携帯電話、固定電話、PHS、いずれも可能です。

時間帯によって異なる電話番号をひもづけることや、片方の電話機からしか電話をかけることができない設定、また通話前ガイダンスの設定なども可能です。

プライバシー通話

ひもづけられた番号同士は、Trustalk番号を介して互いの電話番号を知らないまま通話をすることができます。

なお、電話をかけた側・かけられた側、両方の電話機の通話履歴には「050」から始まる共通のTrustalk番号が残ります。

利用状況の把握、解析

ひもづけた電話番号の通話回数、通話時間などのデータや、通話内容の録音と再生が可能です。

将来的には通話内容のテキスト化、ひいてはその検索、特定のキーワードを含む通話のピックアップなども実装予定です。

自社サービスの改善にも

プライバシー通話のためのAPIとSDKを公開しているので、あとはあなたの工夫次第です。